いきなりの売り込みはタブー


誰でもそうですが、売り込みは本当にイヤなものです。 以前、話さない営業、というものが流行ったほどなので、その意味には深いものを感じます。 ビジネス交流会のテーブルで、自社の製品の特徴やらメリット等を懇々と説明している人を見かけますが、信頼関係が出来た後ならばまだしも、そうでない場合は、非常に残念な結果を見ることになる場合が多いと想像されます。 友になる段階を考えてみても、親友までなって、なんでも気軽に相談や話ができるまでにはどれくらいの時間を有したのでしょうか。 そう考えると、たたが一回のビジネス交流会での名刺交換と、話だけでは、到底信頼関係を作れるなどには程遠いことが理解できるはずです。 なので、大切なのは、何度も会い、話し、親交を深める場としてのビジネス交流会の活用という考え方が、一番重要なのではないかと私は考えるのです。 いきなり自分が自慢するビジネスを一刻でも早く売り込みたい気持ちは理解できますが、それは、冷静になって考えれば、無理な話と理解できるはずです。 急がば回れです。 信頼関係を作ること「のみ」のために交流会を活用するという考え方でも十分かと思います。 最後に、私の仲間で、ビジネスに成功しているという人たちのほとんどは 一切自分からは売り込みをしていません。 ではどうやって受注しているのでしょうか。 答えは、相手から「相談」という形で 「勝手に」連絡が来るのです。 それは、信頼関係が完全に出来上がっているからとしか言いようがありません。 まるで、親友に相談するように・・・ ○○の件だったら○○さんというように、そこには競合さえ存在しないのです。 「信頼」「絆」というものはそこまで大切なものなのです。

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

夕涼み座談会Vol1無事終了しました!

新生CYBER MEETINGの記念すべき第一歩。 夕涼み座談会Vol1にご参加いただきました方、本当にありがとうございました。 ワンコインで繋ぐ人と人 ビジネスの基本は人間関係の構築にあり 小学校の頃を思い出してください クラス替えがあり、友達ができ。そして親友ができる。 それは、クラスの中で、何度もなんども遊び、ともに学び、会話をしたりするという、「時重ね」が重要なキーワードとなっている

© 2019 by Cyber Meeting All Rights Reserved.